「長良グループ 演歌まつり」が東京・NHKホールで開催
山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよしら9組のアーティストが競演。
新趣向のステージで昭和の名曲をカバー

戻る

椎長良グループ 演歌まつり

 長良グループが主催する毎年恒例の演歌のビッグイベントで、今年で11回目を迎える「長良グループ 演歌まつり2018」が18日昼夜2回、東京・渋谷区のNHKホールで開かれ、同グループに所属の山川豊(59)、田川寿美(42)、水森かおり(44)、氷川きよし(40)、藤野とし恵(71)、椎名佐千子(35)、岩佐美咲(23)、はやぶさ=ヒカル(30)・ヤマト(24)、辰巳ゆうと(20)の全9組のアーティストが競演した。
 同イベントは、2月15日に名古屋・センチュリーホールでスタートし、この日、そして3月3日の大阪・フェスティバルホールと全3カ所(各2公演)で開催され、全6公演、合わせて1万8600人を動員。
 3600席の会場は、それぞれのファンたちで賑わう中、出演者全員で昭和の名曲「丘を越えて」を歌ってオープニングの幕を開け、山川が「『長良グループ 演歌まつり』も11回目を迎えることができました。今日はお一人おひとりに感謝の気持ちを込めて、このメンバー全員で一生懸命歌いたいと思います。ごゆっくりとお楽しみください」とあいさつ。
 前半は、出演者全員がステージに顔をそろえる中、代表曲コーナーで、氷川が「きよしのズンドコ節」、水森が「鳥取砂丘」、田川が「哀愁港」、山川が「アメリカ橋」、カバーコーナーで、山川・氷川・はやぶさの3組が、敏いとうとハッピー&ブルーの「星降る街角」、藤野・田川・水森・椎名・岩佐の5人がキャンディーズの「春一番」、テレビドラマ「必殺仕事人」を真似ての寸劇を出演者たちが演じてから同主題歌「旅愁」(西崎みどり)を田川が歌唱するなどし、同コーナーのラストは全員で美空ひばりの「川の流れのように」をカバー。
 中盤は、同公演の名物でもある客席を回るラウンドコーナーで、出演者たちが1階から3階の客席に分かれて・・・ (了) サンニュース/平成30年2月18日配信

  • 続きは電子書籍
  • Top