ふしぎ良のカラオケグッチ(愚痴)リポート、VOL.6
~ ☆カラオケ歌謡祭への提言④☆ ~

戻る

ふしぎ良のカラオケグッチ(愚痴)リポート、VOL.6

 以前にも書きましたが、私は、25年間㈱プロデュースインジャパンと言うイベント企画制作会社を運営していました。最盛期には正社員が35人いました。
無論『ふしぎ良』の仕事は継続していました。良い時代でした・・・。
更にもうひとつ、JEPEC日本イベントプロデュース協会の中部事務局長として、同業者のネットワークを10年間担当していました。そんな訳でイベントには深く関わって来ました。その為、イベントには基本的に6つの要素が必要不可欠です。
① 参加イベント
② ショーイベント
③ ゲームイベント
④ 体験イベント
⑤ 学習(展示)イベント
⑥ 祭りイベント
その間に
A. 楽しい!
B. ドキドキ感
C. 休憩
D. 癒し
E. 空腹感
F. 満腹感
G. 満足感
H. リピート~期待
これらが、イベント間にちりばめられていればイベントは成功です。
しかるに、最近のカラオケイベントを見ると、イベント要素が片寄っているのです!その結果、
イ) 出場者の割りに、客席がガラガラ!
ロ) イベントが長時間過ぎる
ハ) 全員が疲れはてている(笑)
  ● 緊張感は最長5時間まで!
ニ) マンネリ化している
  ● どこの会場も同じイメージ。
ホ) 主催者の自己満足
ヘ) 出場者が1人で来ている
  ● 即ち、応援客を連れて来ない!だから、観客が少ない!
ト) なぜ陰アナで名前と、曲名の連呼なのか?
  ● 何もイントロナレーションを入れなくとも、僅かな隙間と、イントロ(18秒~25秒)に、
    歌う人のプロフィールなり、心意気でも無いよりはいい!
MCが出ないと言うことは、前の人が、引っ込んで、次がイントロに乗せて出るまで数秒かかる。
その間、舞台は空白!テレビではあり得ない!
 しかし、司会者(MC)が出れば空間は埋まる。あとは、シンプルに端的に紹介すればいい!
最近の歌謡祭のMCは素人で、基本の発音・発声・滑舌・イントネーション・アクセント・鼻濁音など勉強してない人が、プログラムに『司会者』と印刷されており、我々プロとしては時として、悲しく成る! 正しく『呼び出し係、又は案内係り』なら納得する。(笑)
さて、最初に書いたイベント要素は、AとBのみである。イベントスペースは、ステージだけと思っているようで残念です。客席も、ロビーもイベントステージに早変わりする事を忘れてはならない!
時には、楽屋や駐車場の片隅だってイベントステージになるのです。
 総合的にイベント視野に入れて、プランニングして欲しいと切望しています!
 カラオケ好きな司会者:ふしぎ良より

  • 続きは電子書籍
  • Top