五木ひろし劇場公演5000回達成記念セレモニー

戻る

五木ひろし劇場公演5000回達成記念セレモニー

 11月21日、五木ひろしは、劇場公演5000回を達成。正式には前日が5000回だったとのことだが、貸し切りだったため一般公演の21日に報告。
 中日劇場最終公演シリーズ 五木ひろし特別公演 五木ひろしビッグステージ2017で、五木ひろしは最後に「ふるさと」を大熱唱して締めた。そしてプレゼントコーナーが終わり、劇場公演5000回達成の記念セレモニーが開かれた。五木ひろしは共演者と記念のくす球を割り、全員で「別れの鐘の音」(作詞:山口洋子、作曲:平尾昌晃)を合唱。
 五木ひろしは、60代最後の年に劇場公演5000回を達成したわけだが、いろいろ話しを伺うと、全力で人生を走ってこられたアーティストだとわかった。
 劇場公演を始めたころは、芝居と歌で1日3回公演も当たり前のようにあって、食事する時間もなく、化粧しながら何かをつまんでいたという思い出がある。チャンスを生かすために、一回一回をベストを尽くていこう、さらによい公演をやろうと常に前向きに取り組んできたとの事。
 芝居は、役者であるという思いで演じている。比較される

  • 続きは電子書籍
  • Top