看護学会発表記
パンツに関する看護研究

 わたくしがスポーツ医・科学研究所診療部で看護師として勤務していた時代に看護学会でパンツに関する看護研究を発表しました。下記はその時の体験記です。

 僕は燃えた。自分の生命をかけるつもりで富山の看護学会(看護総合文科会)に臨んだ。今まで手術室患者衣の工夫とかいった類の発表はあったが、いきなりパンツを手術衣として取りあげた発表はなかったからだ。これは自分ながらおもしろい看護研究だと思った。

「全裸でなくてもいいんじゃない・・・・・・」

 

 思えば、1年前のことである。当スポーツ医・科学研究所がオープンし、手術業務がスタートする前のことである。「手術の時、全裸でなくてもいいんじゃない」という意見があって、「そうね。別にパンツをはいてもいいんじゃないかしら」という話になり、とりあえず、パンツをはいてやってみようということになった。理由は関節鏡手術の場合に見た目が良くないからである。患肢を挙げて消毒する際、丸見えなのである。若い患者にしてみれば、およそ耐え難いものがあるだろう。自分だったら、絶対に嫌だということである。
 以来、全手術患者に対して、ブリーフまたはショーツを着用して、手術を実施することになった。しかし、問題がないわけではなかった。例えば、前十字靱帯再建手術の場合、手術後、膝の伸展を防止する目的で、ドンジョイという膝装具を装着することになっている。この装具を装着すると、大腿周囲径が10センチ増加する。そのため、手術翌日、パンツを着替えたいと思う時、着脱困難で結局、看護婦が着替えの介助をしなければならないことがあったのである。・・・・・
 続きは、電子書籍

↓下記をタッチ!

Top